UVケアクリームや日傘だけじゃ不完全!?紫外線から自分を守りたい人のサプリメント

不完全な分は内側からカバーしよう

日光は体内でビタミンDを作ったり、狂った体内時計を元に戻してくれたり、身体にとって無視できないくらい重要な役割を持っていますよね。それをわかっていても、やっぱり怖いのが紫外線による光老化です。将来シミやシワだらけになって大慌てすることのないように、普段から外出する時にはUVケアクリームを塗ったり、日傘や手袋などで直射日光をなるべく浴びないようにしましょう。でも、普段からかなり紫外線対策を意識しても、壁などに反射する分を完全に避けるのはさすがに困難です。すでに浴びた分の対策としては、UVケア用のサプリメントを飲む方法があります。外側と内側のダブルで紫外線から体を守るようにすれば、美容だけではなく健康面でも大きな成果が得られるはずです。

国産のUVケアサプリを摂取するべき?

サプリメントは安全の為に国産の材料を中心に使って、国内の清潔な工場で生産されたものを飲みたい!と思う人って結構多いですよね。UVケアサプリは海外の方が先に流行したので、一歩進んだ海外メーカーのサプリの方がいいのかなと思っている人も多いのでは?でも、サプリに含まれている成分のことを考えると国産の方がおすすめなんです。国内で製造されたUVケアサプリは、日焼け止め成分としてリコピンなどのポリフェノールが使用されています。基本的に食品として毎日摂取しても問題のない成分しか使われていません。海外製のUVケアサプリはシダ植物由来のPLエキスという成分も多用されていますが、このエキスにはアレルギーを誘発する可能性があるので、なるべく国産のサプリを飲んだ方がいいんですよ。

品川美容外科の死亡について調べる