妊娠線の対策をすることで肌の美容を維持しましょう!

保湿力の高い成分が配合されているクリームを使おう

妊娠してきちんとスキンケアをしないと妊娠線ができてしまうことがあります。具体的な対策方法としては妊娠線専用のクリームを使用することです。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの強い保湿成分が配合されているクリームがおすすめです。また、可能であればシラノール誘導体も含まれているものも良いでしょう。シラノール誘導体は肌の外からではなく内部から保湿をする独特の働きを持っています。

妊娠線ができる理由とビタミンCの有効性とは?

妊娠線がお腹にできる理由の1つはコラーゲン組織が弱体化することです。お腹の肌の真皮内にはコラーゲン組織があります。このコラーゲン組織が弱まると妊娠線ができて、それとは反対に、強いコラーゲン組織であれば妊娠線はできません。コラーゲン組織を強化するにはビタミンCが効果的です。ビタミンCはコラーゲンを生成する働きを持っていて、ビタミンCが体内に補給されると肌が丈夫になって線ができることはありません。ただし、クリームに配合するのはビタミンCの性質上難しいので、「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選びましょう。これは化粧品に配合できるようにビタミンCを凝縮させたものです。

石油成分と美容成分の含有量にも注意しよう

妊娠している人はちょっとしたことでホルモンバランスが崩れて肌トラブルになることが多いです。そのため、石油成分が含まれているクリームの使用は控えるようにしましょう。それというのも、石油成分は肌に対して刺激が強いからです。また、美容成分の含有量にも注意する必要もあります。敏感肌や乾燥肌の人にとっては刺激が強い場合があるからです。

品川美容外科の起訴について詳しく