しわが薄くなるコスメでアンチエイジングをしましょう!

注射じゃないボトックスとは

クリニックでわずか10分の注射をするだけでしわが消えてしまうボトックス。即効性と手軽さから人気ですよね。でも、ボトックス注射が禁止されているスペインのような国もあるんですよ。ボトックスが使えないなら、それとよく似た美容成分を作ればいい!という発想で開発されたのが、アルジルリンです。植物由来のアミノ酸なので、無毒化されているとはいえ、ボツリヌストキシン製剤を注射することにためらいがある人は、こっちの方が合っているかもしれませんね。ちなみに注射用の薬剤ではなく、普通にコスメの成分として使われています。アルジルリン入りのスキンケア用コスメを毎日使っていると、徐々にしわが改善されていくんです。だから、厳密にはボトックスではないのですが、しわを改善するという効果がある事から、塗るボトックスと称されるようになりました。アルジルリン以外にもシンエイクやプロジェリンなどもあります。

副作用と効果が出始める時期は?

塗るボトックスは、本物のボトックスのような即効性はありませんし、角質にしか浸透しないので、表情じわを作る表情筋そのものにアプローチすることはできません。でも、ボトックスを注射した時特有の表情のこわばりも出ないですし、塗るボトックス成分配合のコスメは、一般的なコスメと値段も大差ないので、安く済むというメリットがあります。どれくらいでしわ改善効果が出るかという点ですが、毎日塗るボトックスを使った場合だと、半月から一か月程度だと言われています。焦らずゆっくりしわ対策をする気持ちを持った方がいいですね。

品川美容外科の死亡について詳しく